城北ブログ

【少林寺拳法部】関東大会結果

12月24日に神奈川県藤沢市で開催されました、第19回関東高等学校選抜大会の結果をご報告いたします。

男子有段 単独演武の部 1

男子有段 組演武の部  3

男子   団体演武の部 3

以上より,3月に香川県で開催される全国大会の出場権を全部門で獲得しました。

組演武

<高2副将:伊藤>

結果は3位であったが、大会のレベルが例年よりも低く、また私自身が演武中にミスをしてしまった部分もあり、内容はあまり良いものではなかった。さらに、優勝者との点差が数点であり非常に悔しい結果となった。

組演武全体の結果としては、城北から出場したすべての組が全国選抜大会の出場権を獲得したので、大会に出場する部員はそれぞれの課題を克服して、全国優勝にむけて努力していきたい。

単独演武

<高2:廣島>

辛くも優勝することが叶った。先生をはじめ、私を支えてくれた方々には心より謝意を表したい。

各県を代表する選手たちと互いに切磋琢磨することができた今回の大会では、私に多くの課題を残してくれた。

春の全国大会に向けてその課題を克服し、日本一を目指して努力を重ねていきたいと思う。

団体演武

<高1:熊木>

団体演武のメンバーは全員高1だったこともあり、練習が始まったばかりのときは関東のレベルには程遠い状態でしたが、顧問の先生方や先輩方から沢山のご指導を頂いたことで、成長することが出来ました。

一方、今回の大会で強豪校の演武を生で見られたことで、全国のレベルの高さを痛感しました。そのレベルに少しでも近づけるよう、これからの1年間、日々精進して参ります。

次の大会は、先輩方は引退前最後の全国大会、後輩たちは新学年で臨む都大会です。

今回の大会で他校から学んだ技術や自分たちで新たに見つけた課題をこれからの練習で意識し、さらなる技術の向上を目指していきたいと思います。

また、日々の練習から応援してくださる保護者の皆様や、お忙しい中ご指導に来てくださる監督とOBの先輩方、いつも有難うございます。

今後も少林寺拳法部を宜しくお願いいたします。 

(少林寺拳法部顧問)