城北ブログ

地学部~城ヶ島巡検

6月4日(日)に、城ヶ島で巡検を行いました。

天候にも恵まれ、生徒たちは熱心に地層を調べていました。

城ヶ島には傾いている地層が多くあり、それぞれの地層の向きや傾きを、専用の測定器具(クリノメーター)を用いて測っていきます。

また、はっきりと見てわかる断層も数多くありました。

珍しい火炎構造が見られる地層も観察してきました。

大きな海食洞(馬の背洞門)も見られ、下から距離と角度を測定することで、その高さを推定しました。

その他、特徴的な地層も多くみられました。

地層を上から俯瞰することも大切で、見渡せる場所から地層の全体像も確認しました。

中学1年生にとっては、初めての巡検で、普段見たことのないような地層ばかりで興奮していました。

今回の巡検内容については、9月末に行われる文化祭で発表ができるよう、少しずつまとめていきたいと思います。

(地学部顧問)

カテゴリー