城北ブログ

第71回関東高等学校男子バレーボール大会に出場して

バレーボール部は、6月2日〜6月4日に茨城県で行なわれた第71回関東高等学校男子バレーボール大会に出場しました。

本校のバレーボール部は、2年連続13回目の出場となります。

茨城県ひたちなか市のひたちなか市総合運動公園総合体育館で行われた開会式では、茨城県らしく、入場曲に水戸黄門のテーマ曲が採用され、関東の50チームが音楽に合わせて行進し、一堂に会しました。

選手たちの表情からは、翌日の試合に絶対に勝つという強い意志が見て取れました。


いよいよ試合の時。

1回戦は千葉県ベスト4の松戸市立松戸高校との対戦でした。

市立松戸は練習試合でも今までに何回か対戦をしており、対戦成績を見れば城北が優勢でした。

しかし、相手は新人大会から大きく順位を上げての関東大会参戦。侮れない相手であることは言うまでもありませんでした。

第1セット。勢いをつけて上がってきた相手に、終始リードを許す展開となってしまいました。

自分たちの攻撃に繋げるまでに先にミスを続けてしまい、15-25でセットを落とすという辛い立ち上がりとなりました。

第2セットも1セット目同様、序盤で苦しい展開を強いられました。

「今年の関東大会では絶対に1勝をあげよう!」

そのように強く思いながら後半で立て直し、持ち前の攻撃力を活かしてスパイクやコンビを決めていきました。

25-19で2セット目を取り、続く第3セットも25-18で連取し、勝利することができました。

2回戦は神奈川県1位の荏田高校との対戦でした。

神奈川県1位の相手に臆することなく、チャレンジャー精神で攻める姿勢を貫きました。

その結果、第1セット序盤から拮抗し、両者譲らない熱戦を繰り広げました。

しかし後半、荏田こちらの攻撃を完全にブロックし、結果は19-25,7-25となりました。

敗れはしましたが、今まで一生懸命頑張ってきた彼らの姿は、後輩や応援に来てくださった保護者やOBの方々の目に焼き付いたと思います。

3年生にとっては最後の関東大会となりましたが、後輩たちは来年の関東大会出場を目指してまた練習に励みます。

勉強とクラブ活動を両立し、2年連続で関東大会へ出場した彼らはまさに、「何事にも一生懸命取り組む」城北生の代表でもあったと言えると思います。

また、6月18日にインターハイ東京都予選が本校で行われます。

勝利を目指して試合に臨む勇姿を、皆様ぜひご覧下さい。

(バレーボール部顧問)