学校の紹介Introduction

理事長・学校長挨拶

学校長挨拶

変えぬ力、変える力未来社会をリードする、個性豊かな人材を育む

城北中学校・高等学校 校長 小俣 力城北中学校・高等学校
校長 小俣 力

「変えぬ力」とは75年に及ぶ城北教育の歴史と伝統をしっかり守ることの大切さのことです。それは教育目標の「人間形成と大学進学」であり、それは「社会に有為な人間の育成」「社会を支え、社会を導くリーダーとして活躍する人間の育成」です。このことは、これからこの先社会がどのように変化しようと、変わることのない、私学としての存在意義でもあります。

一方の「変える力」とは。これは「社会の有為」の内容が時代や社会状況に応じて変わっていくため、具体的な対応は常に必要となります。
「20世紀は成長の時代、21世紀は成熟の時代」と言われ、21世紀社会はグローバル化の一層の進展と少子化、人工知能の進化による国全体の経済や産業構造の変化、個人の意識や価値の多様化はさらに進むでしょう。それに伴い、「人間形成」の「人間力」に求められるであろう内容にも

  1. 優れたコミュニケーション能力と豊かな教養、グローバルな視野を持ち、世界を舞台に活躍できる人間の育成
  2. 問題解決力に秀で、「逞しく生きる力」を備えた人間の育成
  3. 他者との共存意識、思いやりと優しさ、価値の多様化を受け入れられる広い心を持つ人間の育成

を加えました。

具体的には、

  1. 英語によるコミュニケーション能力育成の強化のため、学内外を通じてネイティブと接する機会を増やしました。
  2. 科学技術分野で活躍する人材を育む教育の強化のため、ICT化に対応する知識技能を養っています。
  3. 教育をより高度で多様性や柔軟性に富むものにするためにも、外部人材の積極的活用をします。

これらは、国が進めている高大接続とそれに伴う新大学入試が行おうとしている「アクティブラーニング」に対しても今まで以上に十分な対応力となりますし、大学側が求めている個性豊かでグローバル力に秀でた人間を育成することにもつながります。

また、「大学進学」には、従来からの3期指導体制と生徒の自主性を喚起する独自のカリキュラムに加えて、国内大学に限らず、海外の大学に進学することを支援する姿勢も、留学制度の整備とともに加えています。

本学園の誇りである、広いキャンパス、緑豊かな恵まれた環境の中で、充実した学園生活を送ってください。自分の未来を自分の力で切り開く、意欲あふれる君を待っています。

理事長挨拶

学校法人 城北学園 理事長 薗口 穰学校法人 城北学園
理事長 薗口 穰

教育の使命は、社会に役立つ有為なる人間の育成にあるとし、そのような人間とはまず優れた人間性を備えその上に広い教養と高い専門性を修めた者である、と創立者深井先生は教えました。そして中等教育の役割を次のように語りました。

「中等教育の役割は善良で有為なる市民となるのに必要な学問・素養を身につけさせることにあるが、その上になお高い知識や技能を求めて上級の学校への進学を希望する生徒がいたなら、その志望を遂げさせるのも重要な責務である」

本校の「人間形成と大学進学」という教育目標はこの深井先生の考えに基づいたものであります。今本校の教育は、創立以来受け継がれている「質実厳正」の精神を大きな柱として

  • 社会性を備え正しい道理の実行ができる人間
  • 努力を惜しまず自律的に行動できる人間
  • 感受性を豊かにもち、自己啓発と創造力に富む人間

の育成を目標として、本校の校訓である「着実・勤勉・自主」を日々の行動の規範に位置づけ、「人間形成と大学進学」の二つの目標の達成に努めています。