学校の紹介Introduction

校歌・校章

校歌

作詞 武田祐吉/作曲 梨本丈一

一、
ああ澄み渡る高空に
輝く富士の尊さよ
厳粛ただみる自立の天地
ここにぞ育む堅実の学
城北 城北 自立の学園

二、
末遥かなる武蔵野の
沃野の土のたくましさ
決然今立つ努力の世界
ここにぞ培ふ勤勉の業
城北 城北 努力の学園

三、
漲らひゆく石神井の
流れの水のさやけさよ
清明我あり正義の思想
ここにぞ養ふ公民の道
城北 城北 正義の学園

校章の由来

桜の花をあしらったデザインが城北学園のマークです。
桜は厳しい寒さにも耐え春を告げる花の代表格。創立者、深井鑑一郎と井上源之丞両先生が掲げた着実、勤勉、自主の精神と質実厳正の姿を象徴しています。