城北の生活School Life

中学生の1日

学園生活

「自分らしさ」を見つける中学生活

静座

―集中力を高め、メリハリをつけて授業に臨む―
城北中学校では、毎日の授業・朝と帰りのホームルームの前に、姿勢を正し呼吸を整える「静座」を行っています。休み時間とのメリハリをつけ、落ち着いた心で授業に臨むための伝統です。

清掃

―自分達の生活の場は、自ら綺麗にする―
学校とは、教室とは、昼の時間の多くを過ごす、大切な生活の場です。「自分たちの生活の場を自分たちできれいにする」ことは、「人を大切にする」「物を大切にする」考え方にとともに、城北教育の基本の一つです。

昼休み

―思い思いの時間を過ごす―
昼休みは教室や食堂、中庭などで、友だちと会話をしながら食事をします。食後は、広いグランドで友だちと思いっきり遊んだり、図書館で本を読んだり、それぞれが、思い思いの時間を過ごします。

放課後

―同じ目標に向かって、夢中になる―
放課後はクラブ活動に打ち込む中で、コミュニケーション能力や課題解決能力が磨かれます。図書館で読書をしたり、教室で自習をしたりする生徒もいます。定期的に追試や補習も行われ、学習面でも手厚くフォローしていきます。

中学生活のブログ

在校生の声

櫛谷 岳志
(中3)

充実しています。

城北では、冗談を言い合いながらも、切磋琢磨しお互いを高められる多くの仲間に出会えます。そしたら仲間によって、学校生活は何倍も楽しくなります。
また、所属している吹奏楽部では、中1から高2までが一緒に活動します。これは、中高一貫校ならではのことで、先輩方はよく面倒を見てくれて、自分たちも練習に励めます。
さらに学習面では、ほぼ全ての教科で、先生方がとても丁寧なプリントを作ってくれます。特に数学のプリントや英語の小テストは毎日配られるので、自然と毎日の勉強が習慣になります。
このように、城北で過ごす日々は、生活面、勉強面、部活いずれにおいても、大変充実しているのです。

佐藤 駿太郎
(中3)

仲間に出会えます。

我が城北学園は日々の努力を大切にし、怠らないようにするため、各科目で定期的に課題が出ます。一例を挙げると、英語です。ほぼ毎日のように授業内容からテストが出されるので、自然と授業の復習ができます。それに加え、週末にも授業内容を主としたプリントが配布されるので、授業の復習が徹底されます。また、授業でわからないことがあった場合は、豊富な知識を持った先生方が優しくサポートし解決、理解力が高まります。
屋内プール、武道館、テニスコート、グラウンドなど様々な設備の整った城北学園は部活動も盛んです。放課後には自分の好きな部活に思い切り打ち込めるので最高です。そして部活動や勉強をきっかけに共に協力しあい、努力しあえる仲間に出会えると思います。皆さんも共に切磋琢磨し、笑いあえる友達や先生を探しにこの城北学園に来て下さい。

紹介動画

生徒が輝く城北LIFE
生徒が挑戦する城北LIFE
生徒が友とともに成長する城北LIFE