城北の生活School Life

高校生の1日

学園生活

「自分らしく」過ごす高校生活

静座

―集中力を高め、メリハリをつけて授業に臨む―
城北高校では、毎日の授業・ホームルームの前に、姿勢を正し、呼吸を整える「静座」を行っています。休み時間とのメリハリをつけ、落ち着いた心で授業に臨むための伝統です。

清掃

―自分達の生活の場は、自ら綺麗にする―
学校とは、教室とは、昼の時間を多く過ごし、仲間とともに大学受験に向かうための、大切な場所です。生活環境が整えば、学習環境も整ってきます。「自分たちの生活の場は、自分たちでキレイにする」は、城北教育の基本の一つです。

昼休み

―自分らしく過ごす昼休み―
教室や学食などで、仲間と会話を楽しみながら食事をします。食後は、広いグランドで汗を流したり、図書館で本を読んだり、職員室で先生に質問をしたり、思い思いの時間を過ごします。

放課後

―同じ目標に向かって、夢中になる―
放課後は、クラブ活動や委員会活動に打ち込む中で、コミュニケーション能力や課題解決能力が磨かれます。教室や図書館、自習室なども開放されており、それぞれの場所で、自分の夢を実現するためにがんばります。

高校生活のブログ

在校生の声

上田 祐資
(高3)

環境が整っています。

勉強面では、どの先生方も面白く中身の濃い授業をしてくれます。また、実験の設備やパソコンルームなどが充実している上に、放課後には自習室や図書館が自由に使用でき、集中して勉強できる環境が整っています。また、校内では定期試験に加えて実力試験が実施され、勉強のモチベーションを保ちやすくなっています。
部活面では、広大なグラウンドや室内温泉プールなどの整った設備の中で、それぞれが目標を持って活動しています。私は野球部に所属していますが、広大なグラウンドで日々質の高い練習ができています。城北は、勉強も部活も両立できる環境がそろっている上に、迫力ある体育祭や楽しい文化祭もあり、仲間と切磋琢磨をしながら充実した学校生活を送れる場所だと思います。

中川 知哉
(高3)

生徒が多いのも特徴です。

城北学園の特徴の一つに先生の面倒見の良さがあります。授業内容に関する質問のほかに、勉強方法なども気軽に相談でき、生徒一人ひとりに対し親身に回答していただけます。また、自由課題や特別補講が多く存在し、克服したい分野や伸ばしたい分野について気軽に取り組むことができます。そして習った事は、理科の実験や外国人教師との英語での会話などによって「感じる」ことができ、より一層深く学習できます。生徒が多いのも、城北の特徴の一つです。クラスや部活動、委員会などで知り合ったたくさんの仲間と、文化祭や体育祭、部の合宿や研修旅行などの行事をともにすることで、多様な経験をすることができます。受験を控えたこの一年も、この仲間と先生と過ごすと思うと、楽しみでなりません。

紹介動画

生徒が輝く城北LIFE
生徒が挑戦する城北LIFE
生徒が友とともに成長する城北LIFE