城北の生活School Life

城北生活Q&A

よくあるご質問

生徒の平均的な通学時間はどのくらいですか。

平均すると約1時間になります。板橋区、練馬区、北区などから自転車通学の生徒や東上線沿線の生徒が多いので30~45分ですが、遠い地域ですと2時間近くかけて通学する生徒もおります。

クラブ活動が大変盛んだと聞いています。クラブ活動について教えてください。

協調性や社会性、適応力を育むため、クラブ活動には力を入れています。クラブ数は約50クラブあり、自分の興味のあるクラブに入部することで、前向きかつ積極的に活動し、好きなことを追求する喜びを部員とともに分かち合えます。水泳部や少林寺拳法、弓道部などをはじめ、国体・インターハイ・関東大会に出場するクラブもございます。基礎期は原則として全員の加入となります。中3の2学期からは高校のクラブに参加することができ、中学高校同じクラブを選ぶ生徒もいれば、高校から新たなクラブに入る生徒もいます。2016年度の高校卒業生の約8割が、卒業までの3年間、クラブ活動を続けました。

食堂と売店について教えてください。

食堂は、中学生・高校生とも毎日昼休み、朝、放課後に利用することができます。時間帯によりメニューは変わりますが、昼食時には城北ランチ400円、パスタセット380円、カレーライス330円、ラーメン310円といった主食系の他にも、唐揚げ100円、ポテト100円、メンチカツ100円のようなサイドメニューも豊富な種類があります。さらに、朝にお弁当を注文をしてもらうことで、学食の手作りお弁当を教室で友と談笑しながら食べることも可能です。学内にある売店では、文房具などの他にも、制服や半紙など、日々の生活に必要なものが揃っています。

塾や予備校に通っている生徒はどれくらいいますか。

塾や予備校に通わなくて志望の大学に進学できる学力を身につけることが可能なことが本校の特長の一つです。堅実かつ誠実で、研究熱心な教員が多くおります。中学の段階で塾へ通っている生徒はごく少数ですし、むしろ塾に通うことで学校や部活とのバランスがとれず、伸び悩んでしまう生徒もおります。習熟期になって、不得意教科だけを塾や予備校で勉強する生徒や自習室を利用するためだけに予備校に通う生徒もおりますが、それでもやはり少数です。

いじめはありますか。もしあるならばどのような対応をしていますか。

本校では、いじめといわれるような状況を生み出さないような落ち着いた生活環境作りに全力を注いでいます。そのために、担任や副担任をはじめ、学年担当教諭、授業担当教諭、保健室の養護教諭等が注意深く一人ひとりの生徒を見守っています。それでも残念ながらゼロとは言い切れませんが、学校生活アンケートや普段の学校生活を通じて、いじめを初期段階で把握するように努め、当該学年を中心に学校全体として機敏に対応するようにしております。いじめを受けた生徒に対しては、スクールカウンセラーと連携しながら担任教諭をはじ当該学年を中心に心のケアをして参ります。また、いじめをした生徒に対しては、規程による指導だけではなく、学年担当教員が交互にその生徒と面談を行い、様々な指導を行います。

不登校の生徒はいるのでしょうか。

不登校の生徒は若干名おりますが、学内におります専門のスクールカウンセラーと協力し、プライバシー保護のもと、本人や保護者の要望に応えるように努めております。また、本校に長年勤務し、退職した先生を相談員として配置し、生徒の現実的な悩み相談や何気ない会話を通じて、今後の対応を検討し、本人や保護者の要望に応えるように努めております。