城北ブログ

先生インタビュー

自分のやりたいことに向き合い、考え、行動へ

数学科 渋谷 隆之
数学科 渋谷 隆之
どんな生徒でしたか?

私は、城北中高出身で、学校が好きな生徒でした。自分がやりたいと思ったことを先生方が容認し、サポートしてくれる学校だったからだと思います。例えば、教科の先生に補習をお願いすると、学年の担当であろうとなかろうと、朝から補習をして下さるなどサポートをしてくれました。また、クラブでは一度退部を経験し、学校生活にメリハリがなくなった時期もありますが、担任の先生を含め、多くの先生方や友人が新たなクラブへ飛び込む後押しをしてくれました。そんなところも含め、城北が好きでした。

数学科 渋谷 隆之
数学教員を目指すきっかけは?

高校2年生の頃に数学教員になろうと決めました。当時、担任の先生と面談したときにいただいたアドバイスをきっかけに決意をしました。印象的だったのは、担任の先生が悩みを一緒に真剣に考え、アドバイスをくださったことです。自分がやりたいと思うことに対し、力強く後押しをしてくれました。

未来の城北生に一言

城北は、一生懸命取り組んだら本当に楽しい学校です。そのためにも、「自分は何をしたいのか」ということと真剣に向き合い、考え、そして行動に移して欲しいと思います。自分のやりたいことに一生懸命取り組める環境が、城北にはあると思います。

カテゴリー
タグ