城北ブログ

ICTの教員研修〜Apple Teacherの取り組み〜#appleteacher

7月15日(土)12:30より,ICTの教員研修をiRoomで実施しました。

apple Teacher プログラムを紹介し,実際に取り組みました。

apple Teacher とは、iPadやMacを教師が利用していくにあたって,学んでいくことや新しい学習方法を構築すること支援し,その成果を称えるた目のプロフェッショナルラーンングプログラムです。

iPad用のapple Teacher プログラムには8つのコース,

iPad,iPadのためのPages,iPadのためのKeynote,iPadのためのNumbers,

iPadのためのiMovie,iPadのためのGarageBand,iPadと学習効率,iPadと創造性

があります。それぞれのコースでクイズ形式の問題が5問出題され,4問以上正解するとバッジがもらえます。

このバッジを8個全て取得すると,apple Teacher の称号が与えられます。(実際に名乗っていいそうです。。。)

この研修会では,4人のグループを作り,各先生がバッジの取得にチャレンジしました。

1時間程度の研修で,多くの先生がバッジを取得し,複数のバッチを取得した先生もいました。

また,このプログラムと並行して,apple IDやメールの設定などQ & Aも実施しました。

城北中学校・高等学校では,iPadを教職員や生徒が利用する環境が整いつつあります。

このプログラムを通して,iPadやアプリの使い方を学び,それぞれの先生が『こんな風な授業をやってみたい』と思った時に,その授業をiPadで実現できればと考えています。

(ICT委員長)

カテゴリー