ラジオ部

活動紹介

中学高校
ラジオ部

活動内容

ラジオ部では「アマチュア無線」、「電子工作」を基軸に活動しています。決してラジオを聴くだけの部ではありません。

・「アマチュア無線」とは、遠距離の顔も知らないような人などと電波を介して通信(交信)・雑談などすることで、言ってしまえば趣味の世界です。ラジオ部では、「JA1YAX」「JR1ZQL」という無線局(文化放送でいうJOQRといった感じのもの)を開局していて、AMやFMといったラジオ放送でお馴染みな「声」による交信と、映画でよく出てくるような「モールス信号」を用いた交信を主にします。また年に数度「移動運用」と呼ばれる、ハイキングを行って山頂など外に出て無線を運用します。アマチュア無線をするには資格が必要で、ラジオ部では中1の夏休みに国家試験を受けてその免許を取得してもらいます。アマチュア無線にも大会(コンテスト)があり、日付をまたいだ長時間のコンテストでは、高校生は泊りがけで参加します。

・「電子工作」は、100円ショップで売っているようなラジオを想像してもらえればわかりやすいと思います。要は、日用の電気を使ったちょっとした小道具を作るというものです。中学生は日々の活動で、電子工作として何か作り、文化祭のときにそれを展示します。これも趣味の世界です……

活動場所

高校棟5階 英語科ゼミ室とラジオ部部室

活動日

中学生:木・土(週2日) 高校生:火・木・金・土(週4日)

年間予定

ラジオ部の活動は「中学ラジオ部」と「高校ラジオ部」に大きく二分できます。
中学ラジオ部の活動日数は週2日で、学期ごとに様々な活動をしています。活動場所は、主に中学第一理科室です。1学期は電子工作とアマチュア無線の国家試験に向けての勉強、及び文化祭に向けた準備をしています。2学期前半は引き続き文化祭に向けた準備をします。2学期の後半は高校生のコンテストを見学したり、各自の無線運用のスキルを上げる練習をしています。
高校ラジオ部の活動日数は週3~4日で、主にアマチュア無線のコンテストに向けての活動をしています。活動場所は主に、高校棟5階のラジオ部部室と屋上です。部室の中では、コンテストに必要な道具の整理や修理、作戦会議等を行っています。屋上では、コンテスト当日に円滑に作業を進めることができるよう、アンテナのチェック、無線の運用をしています。また、中学同様文化祭に向けた準備もしています。

年間を通しての主な活動は以下の通りです。

4月  ALL JAコンテスト参加、仮入部期間
6月 秋葉原探索
7月 高校コンテスト参加、合宿に向けての準備
8月 夏合宿、フィールドデーコンテスト参加
9月 文化祭、オープンキャンパス
10月 全市全郡コンテスト参加
3月 大都市コンテスト参加
合宿

ラジオ部では8月に長野県佐久市で合宿を行っています。国家資格取得に向けた勉強や、移動運用、流星観測等日頃できない活動をしています。また、最終日の前夜にはバーベキューを楽しみ、部員間の仲も深めています。

実績

ラジオ部では、アマチュア無線の大会(コンテスト)に、年に6~7回参加しています。そのうち大きなコンテスト2つ(ALLJAコンテスト、全市全郡コンテスト)では過去何度も全国1位を獲得しています。

その他

電気に関して詳しく学んだりするので、高校での電気物理の理解はラクラクです。
また、アマチュア無線や電子工作などのスキルを職につなげているOBは少なくありません。

城北高校・中学ラジオ部ホームページ>>

ラジオ部のブログ

現在記事がありません。