城北ブログ

高校弓道部全国選抜大会出場

この度、全国高等学校弓道選抜大会に出場しました。私たちの代としては、初めての全国レベルの大会への出場となりました。予選敗退と悔しい結果に終わりましたが、東京都の大会とは比べ物にならない緊張感、そして周りのレベルの高さに驚くと共に、「自分たちはこの大舞台の中で勝ちたい!」という強い気持ちが芽生えました。

今回の体験は、今のままでは全国では勝てないということを再確認させ、次の目標を見つけさせてくれた貴重な体験となりました。普段から部活動を支え、そして応援して下さる皆さんに感謝し、その期待にも応えられるように努力していきます。

(主将 高2H 鈴木隆太)

平成29年12月23日~26日に、滋賀県大津市で行われました全国選抜弓道大会に、東京都男子団体代表として出場しました。全国大会の団体出場は、奈良県吉野町のインターハイ以来2年半ぶり、全国選抜大会の団体出場は静岡県藤枝市の全国選抜以来9年ぶりです。

選手達は公式練習から本番の予選まで、全国大会の緊張で本来の力を出し切れず、不本意ながら予選敗退でした。全国大会に毎年出場していた数年前のように、最も身近なすぐ上の先輩たちの全国大会出場を目の当たりに見ていた頃とは、大きな差があり、やはり全国大会へは、出場し続けることの大切さを実感しましたが、それでも今回の悔しい思いは、確実に選手たちをスキルアップしてくれたものと信じています。今回の敗退をバネに、この夏のインターハイでは、上位入賞、全国制覇を目指して、文武両道を実践してほしいと願っています。

(弓道部顧問)