城北ブログ

化学部 新入生歓迎見学会

今年、化学部は4人の新入部員を迎え入れることができました。

オリエンテーションも終わり、これからは各グループに所属して先輩と一緒に文化祭に向けて活動していきます。

その新入部員に少しでも早く部活動に慣れてもらおうと考え、5月28日に新入生歓迎見学会を行いました。

行き先は、昨年11月にもお世話になったとなった千葉県立中央博物館です。

これまで博学連携をお願いしてきましたが、今回は部員間の親睦が目的ですので、博物館のプログラムを活用させてもらいました。

まず、午前中は博物館作成のワークシートを使って展示を見学しました。

この博物館はジオラマが非常に充実しており、初心者でもポイントを押さえた自然観察をすることができます。

見学が終わった後は、ワークシートの答え合わせをしました。

今回は小学校高学年向けのワークシートでしたので、上級生には易しすぎるのではないかと思いきや、高校生でも苦戦する設問がありました。

どのような聞き方がいいのか、学芸員の方と議論している高校生もいました。

午後は隣接する生態園で、実際に生の自然を観察しました。

自然観察と言っても目的がないと面白くないので、今回は良い香りのする樹木を探し、実際に葉の匂いを嗅いでもらいました。

樹木(特に常緑樹)は、葉を昆虫に食べられないようにするため、様々な物質を合成しています。

その中で良い香りのするものは、古くから植物の恵みとして利用されてきました。

写真はヤブニッケイの葉の香りを嗅いでいるところです(生態園では生物の採取が禁止されているため、事前に許可を得ています)。

名前のように、シナモンの甘い香りがしました。

平行して、この日に行われていたイベント「あなたの発見おしえてください」にも参加しました。

これは生態園で出会った「発見」を写真に撮り、それを説明する川柳(または解説文)を付けて解説板を作ろう、という企画です。

川柳を考えるのはハードルが高くて、あまり多くの作品が集まらないのではないかと心配していたのですが、終わってみれば多くの部員(+顧問)が作品を提出できました。

自分の作った解説板が設置されるということで、興味を持ったようです。

今後、実際に解説板として生態園内に掲示される予定です。

この日は、上級生と下級生がグループを作って行動を共にしました。

その甲斐もあり、帰る頃にはすっかり仲良くなったようです。

これから合宿、文化祭と大きな行事が続きます。

新たなメンバーとともに、さらに良い雰囲気で活動していけるのではないかと考えています。

今後も化学部の活動にご注目ください。

(化学部顧問)

カテゴリー