鉄道研究部

活動紹介

中学高校
鉄道研究部

活動内容

鉄道は社会の色々な面と強く結びついており、鉄道を研究することで、実際の社会の姿や歴史などをより深く知れるようになります。本クラブでは、鉄道模型(Nゲージ)を用いたレイアウト製作や機関誌「どんこう」・「EXPRESS」の製作などの校内で行う活動や、年2回行われる撮影会や合宿などの校外に出て行う活動を通して、鉄道研究の面白さを中学生や高校生にも分かりやすく教えています。なお、活動は中学生と高校生合同で行っています。

活動場所

①中学棟1階 予備室1・2
JAMや文化祭に向けたレイアウト製作や機関誌製作などで使用しています。なお、予備室2がメインの活動場所となっており、10月上旬に行われるオープンキャンパスではこの部屋でレイアウトの展示などをしています。
②中学棟1階・共通棟1階 部室2部屋
全国高等学校鉄道模型コンテストに向けたモジュール・一畳レイアウト製作などで使用しています。

活動日

火・木・金 (週3回) ※イベントや文化祭の直前などは、必要に応じて回数を増やして行っています。

部員数

中学生:25名  高校生:23名 

合宿

①夏合宿(時期:8月上旬、期間:3泊4日)
夏合宿は、日本各地を走る様々な鉄道に乗車して、調査・研究する宿泊行事です。期間が長いため、北海道・四国・九州地方に行くことが多いです。
(例)2013年度 北海道・東北地方 2012年度 山陽地方
②春合宿(時期:3月中旬、期間:1泊2日)
春合宿は、お世話になった高校3年生を送り出す宿泊行事です。毎年宿泊地は高校3年生が決めますが、夏合宿に比べて期間が短いため、北陸地方や京阪神エリアに行くことが多いです。
(例)2013年度 伊豆地方 2014年度 東北地方

実績

城北学園文化祭において、過去4回「文化大賞」を受賞。
国際鉄道模型コンベンション(JAM)に、過去4回出展。
全国高校模型コンテストのモジュール部門において、2010年5位入賞、2011年・2012年技能賞、2013年努力賞を受賞。

鉄道研究部のブログ